佐賀市は13日、佐賀駅前を「まちの顔」として再整備する原案を、有識者でつくる佐賀駅周辺整備基本計画策定会議(荒牧軍治座長)に提示した。佐賀駅前の北口と南口をいずれも再整備する方針で、市民が交流できる空間として新たに広場を設ける。

 原案には3月末で閉店した西友佐賀店の跡地利用は含まれていない。地権者との協議が難航しており、畑瀬信芳企画調整部長は「来年度予算との連動があり、秋までには市としての方針を決定したい」と話す。

 整備エリアは北口が広さ約2800平方メートル、南口は約5200平方メートルで、現在はタクシー乗り場や駐車場として使われている。

 駅前の現状を「佐賀らしさを感じられない」「居場所が少ない」「自動車が占めている」と分析した。これを「来訪者を迎え、佐賀らしさを感じられる場所」「人々の憩いと居場所になる空間」「多様な交通が安全に共存する空間」に生まれ変わらせるとした。

 具体的には、駅の出入り口の正面エリアを広場に変え、佐賀での暮らしをイメージできる「のびやかな空間」として整える考えを示し、福岡市天神の警固公園などを例示した。タクシー乗り場やマイカーの送迎レーンは西側に集約する。

 さらに、2023年の佐賀国体に向けてアリーナを新設する佐賀県総合運動場や、県庁や佐賀城本丸歴史館がある南北エリアへ、人の流れをつくり出す工夫も盛り込みたいとした。

 委員からは「アリーナが整備されれば慢性的な駐車場不足も考えられる。駅からのシェアサイクル(自転車の貸し出し)の展開も考えておくべき」などと指摘があった。

このエントリーをはてなブックマークに追加