=楽々レシピ= 魚の煮付け

 難しいと思われがちな「魚の煮つけ」ですが、下準備と加熱時間を守ることで簡単に美味しく作れます。魚には良質な脂「EPA」や「DHA」が多く含まれ、特に「EPA」には炎症作用を抑える作用があります。花粉症で困るこの時期、日頃の食事で良質な脂をたくさん摂りましょう。

【材料】(4人分)エネルギー:147カロリー、塩分:1.6グラム

舌平目(切り身)…4切れ

ゆでタケノコ…200グラム

小松菜…100グラム

ショウガ…20グラム

水…200ミリリットル

酒…大さじ3

しょうゆ・みりん・砂糖…各大さじ2

【作り方】

(1)ゆでタケノコは2センチ程度の半月切り、小松菜は下茹でし4センチ長さに切り、ショウガは薄い輪切りにしておく。

(2)タケノコとショウガを調味液で煮る。

(3)調味液が煮立ったら魚を加え、強火で8分煮る。皿に盛り付け、煮詰めた煮汁をかけて供す。

【一口メモ】

 煮すぎると魚がパサつくので注意。ブリの場合は重ならないようにざるに並べて熱湯をまんべんなくかけておき、約10分煮る。(佐賀女子短期大学地域みらい学科専任講師 小島菜実絵)

このエントリーをはてなブックマークに追加