春の時期、毎日のように外出して花見を楽しんだ佐賀藩10代藩主鍋島直正公。普段は城下の別荘「神野御茶屋」や、近郊の川上まで花見に出向くことが多かったが、小城まで足を延ばすこともあった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加