佐賀県議会の青木一功議員(42)=1期、佐賀市選挙区=が一人会派「壮三会」を解消し、最大会派の自民党に加入する届けを議長に提出した。12日付。

 青木議員は「活動を通じて、自分の政策に一番近いのは自民党だと改めて分かった。政治信条や政策を実現するために合流させてもらい、一緒に歩んでいきたい」と話した。

 これを受け県議会の会派別の人数は自民党26人、県民ネットワーク4人、共産党2人、公明党2人、自民党・鄙の会1人、一真の会1人になった。

このエントリーをはてなブックマークに追加