九州予選で、顧客役と笑顔で接する川原民恵さん(左)=福岡市

 佐賀玉屋(佐賀市)の化粧品店に勤務する川原民恵さん(38)が5月、東京都で開かれるカネボウ化粧品のカウンセリングコンテスト全国大会に九州代表として出場する。「身に付けた技術をお客さまに還元できるように頑張る」と意気込みを話す。

 佐賀・福岡エリア予選、エリア代表10人による九州予選を突破した。顧客の肌の状態を把握するため悩みを聞いたりする接客技術、手入れ、メークに関するアドバイスの内容などについて10分間の審査で競った。

 川原さんは、カネボウ化粧品グループのカウンセリング会社社員。店に立ち寄りやすい雰囲気づくりや、専門用語を使わずに接客、アドバイスすることを普段から心掛けているという。

 「先輩方から教わったことを発揮できた」と予選を振り返り、全国大会に向けては「より伝わりやすいカウンセリングの仕方を考えるきっかけにしたい」と話す。

このエントリーをはてなブックマークに追加