ローブラス道場の練習風景(昨年4月撮影)

 5月5、6の両日、多久市の東原庠舎で第13回春のローブラス道場がある。新日本フィルハーモニー交響楽団から講師2人を招いて基礎を見直し、チームに分かれて課題曲を攻略して合奏の要点を習得する。

 トロンボーン講師は山口尚人さん、ユーフォニアムとチューバの講師は佐藤和彦さん。道場オリジナルの基礎練習法で呼吸やバズィング(マウスピースを使った練習)を見直し、基本奏法から表現方法までを学ぶ。マーチの楽曲を中心とした吹奏楽コンクールの課題曲にも挑み、講師からのアドバイスや受講生とのディスカッションを通して、オーケストラやアンサンブルで演奏するポイントを習得する。

 申し込みの締め切りは4月25日で、申込用紙は主催する「ザ・トロンボーンアンサンブルマイナーズ」のホームページでダウンロードできる。参加費は1泊2日の宿泊費、食費、受講料、保険料込みで1万円。問い合わせは水田さん、電話090(4148)7726まで。

このエントリーをはてなブックマークに追加