11日午後3時25分ごろ、福岡市南区五十川のJR鹿児島線竹下駅構内で、折れて線路内にあった遮断桿(かん)に上り普通列車が接触した。乗客約200人にけがはなかったが、車両点検で発車できず、約50分の遅れが出た。

 JR九州によると、このトラブルで普通列車4本が運休、特急5本と普通11本が最大で約1時間遅れ、延べ約8千人に影響があった。

このエントリーをはてなブックマークに追加