県産業医学協会が導入したエックス線撮影装置搭載の検診車=佐賀市鍋島町の県産業医学協会

 事業所や各種団体の健康管理を支援する県産業医学協会(木本雅夫理事長)は、大型の胃・胸部エックス線検診車を新たに導入し、4月から本格運用を始めている。健康診断の受診者増加に対応するためで、医師も昨年6月から常勤4人態勢に増強している。

 今回導入された検診車は全長約10メートルの大型車で、最新デジタルエックス線撮影装置を胃・胸部用にそれぞれ1台搭載。着替えと待合スペースを大きく割いている。購入費は6272万円でそのうち3100万円は競輪とオートレースの公益財団法人JKAの補助金を充てた。

 同協会によると「事業者の従業員に対する健康チェックの意識が高まっている」といい、健診部長の後藤英之医師は「意識が高くなった職場の健康管理に対応したい」と強調。平日を中心に年間200日の稼働を予定している。

このエントリーをはてなブックマークに追加