つぼみを膨らませる切木ボタン。中には花をさかせたものもある=唐津市肥前町の出さん宅

 唐津市肥前町切木の出直(いですなお)さん(58)宅で、県天然記念物「切木ボタン」が咲き始めている。出さんは「暖かい気温が続けば今週末に見ごろを迎えるだろう」と話している。

 約64平方メートルの花壇に、つぼみが膨らんでいる。中には花を開いたものもあり、「ここ数日で一気に咲くのでは」と出さん。今年は3月に霜が降りた影響などで花が小さいが、「厳しい環境でもよく咲いてくれた。散るのが早いので早めに見に来てほしい」と呼び掛ける。

 雄しべや雌しべが見えないほど、花びらが中央まで詰まっているのが特徴。豊臣秀吉により幽閉された波多三河守の居城・岸岳城(同市北波多)から、出さんの祖先が持ち帰り、代々育てている。

このエントリーをはてなブックマークに追加