佐賀空港への自衛隊新型輸送機オスプレイ配備計画や新幹線長崎ルートなどについて審議する佐賀県議会の佐賀空港・新幹線問題等特別委員会(木原奉文委員長、12人)は1日、理事会を開き、11月定例議会での審議について協議した。

 木原委員長によると、自民会派からオスプレイと新幹線で防衛省、国土交通省に参考人招致を求める提案が出されたため、各会派で持ち帰って検討することになった。5日に再度、理事会を開いて細部を詰める。

 木原委員長は「議会としてもきちんと質問する必要があるということだった。新幹線は不具合問題、オスプレイも防衛省から県への回答もあった。そういったことについて質疑するということになるのでは」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加