日本ホッケー協会は10日、5月20~27日のアメリカ遠征に参加する男子21歳以下日本代表選手18人を発表した。佐賀県関係では、伊万里商高出身の川原大和(立命大1年)と古川裕大(明大1年)が初選出された。男子21歳以下で佐賀県出身者が選ばれるのは初めて。

 両選手は18歳以下日本代表にも選ばれており、4月20~30日のタイ遠征にも参加する。また、18歳以下代表のアシスタントコーチを仙名洋一(伊万里特別支援学校教員)が務める。

このエントリーをはてなブックマークに追加