香港の有名芸能人とともに佐賀県産食材の魅力を地元メディアにPRした陣内会長(中央)ら=香港の和食店「佐楽」(佐賀銀行提供)

 香港にグランドオープンした佐賀県産食材に特化した和食店「佐楽(さら)」が10日、現地の関係者にお披露目された。地元のマスコミや商社、物流会社の約50人が、唐津から空輸された新鮮な魚介類などに舌鼓を打った。

 タイの刺し身、生ガキなどが有田焼の大皿に盛られ、立食形式で提供された。みつせ鶏のあぶり焼きはすぐなくなるほどの人気。香港を代表する俳優、森美(サミー・リョン)さんらがゲストとして登場し、佐賀銀行の陣内芳博会長と鏡開きして樽酒を振る舞った。大手のテレビ局など20数社が取材した。

 佐楽は、日本の食材を扱う商社を営む石井裕之氏(佐賀市出身)が社長を務める「C&Saga Dining(シーアンドサガダイニング)」が経営し、佐賀銀行がベンチャーファンドで投資した。

 佐賀銀行の担当者は「華やかに情報発信できた。繁盛していくのではないか」と感想を述べた。

このエントリーをはてなブックマークに追加