杵島郡大町町の町立小中一貫校「大町ひじり学園」の1日の給食に、細い金属が混入していた。中学部の生徒が食べる前に見つけた。健康被害を訴えている児童生徒はいない。

 町教育委員会によると、生徒が長さ約2センチの細い金属がおからの中に入っているのを見つけた。全校に食べないよう指示して回収した。給食が始まってすぐで、ほとんどの児童生徒は口をつける前だったという。

 金属は金属製のたわしに使われているものに似ているという。調理している町の給食センターでは同様のたわしを使っていないため、町教委は食材の納入業者にも連絡して混入の原因を調べている。

このエントリーをはてなブックマークに追加