休憩なしで踊り続ける練習タイム。連日試合やイベントが続くこともあり、体力が資本の仕事だ

タカ応援「ハニーズ」。日本一を目指すホークスとともに「日本一のパフォーマンス集団になる」のが目標だ

体力づくりのため、浜辺の道を走るメンバー。汗をかいてもお化粧が落ちないのはなぜ?

「ファンの方と一体となって盛り上がりたい」と話す佐賀県出身者のMAYUMIさん

「魅力的に見える踊り方を、日々自宅の洗面所で研究している」と話すNAYONさん

 華やかなダンスで選手たちを後押しするプロ野球・ソフトバンクホークスのダンス応援チーム「ハニーズ」。ホークスの開催試合をダンスやMCで盛り上げるパフォーマンス集団だ。メンバーは18人で、佐賀県出身のMAYUMIさんも活躍している。華やかな舞台裏でどんな練習をしているの? ヤフオクドームでの練習に密着してきた!

 

 

「見られる」意識徹底腹筋も笑顔

 

 

 「おはようございますっ」。合同練習があった木曜夕方、練習場に入るとメンバーたちの明るい声が響いていた。ハニーズは「人の前に立つ仕事」のため、普段から見られる意識も徹底しているという。道理で立ち姿までも美しい。

 メンバーは、まずウオーミングアップ。ドーム周辺にある海沿いの道を走り込む。練習場に戻り、休憩時間はたった数分。すぐに腹筋、足上げなど体力をつけるためのトレーニングに移る。こんなにハードな練習なのに、笑顔で腹筋。まぶしい…。

 続いてダンス練習が始まった。まばゆい笑顔と躍動感あふれるダンスは、見ているこっちまで楽しくなる。小道具で使うポンポン選びにも余念がなく、色合わせのためだけに、4度も色の組み合わせを変えて踊った。「黄色とピンクがかわいいね」「青と赤は違うかな?」。かわいく見える色合わせを研究していた。

 ハニーズは、学生やハニーズ一本で活動するなどさまざまな顔ぶれが集まっている。和気あいあいと練習するメンバーは、互いにライバルでもある。球場でパフォーマンスするメンバーは年3回の厳しいオーディションで選抜される。オーディションでは与えられた課題曲に合わせ、その日のうちにダンスを披露。総合的な技術やダンスにかける思いも審査対象になるというから、気合が違う。

 ハニーズは球場だけでなく、ショッピングモールなどのイベントでも引っ張りだこ。外部イベントの振り付けはメンバー自ら考えている。

 休む暇もない練習はみっちり3時間続いた。終わったかと思いきや、再びダンス曲が鳴り出した。まもなくメンバーたちは自主練習へ。ダンスへの愛情と、ホークスの選手たちに負けじと日本一のパフォーマンス集団を目指す姿勢に圧倒された。

 11、12日はホームで日本ハム戦。ハニーズはオープニングと5、7回終了時に登場する。かわいらしいしぐさとダイナミックなダンスで魅了するハニーズのパフォーマンスに注目しよう!

 

 

 

「多彩な表情見せる」 佐賀出身・MAYUMIさん

 

 

 週4回の練習、パフォーマンスに外部イベント。ダンス漬けの毎日を送っている。練習の厳しさにプロとしての責任感が芽生えてきたというMAYUMIさん。「こんなにきつくて、濃い練習は初めて。成長してると思う。時間を無駄にせずに頑張りたい」と語る。

 練習中は、ひときわ絶えない笑顔が目を引いた。そのわけを聞くと、「音楽聞いたらノッちゃう。本当に踊るのが楽しくて意識してなかった」と笑う。「かっこよさ、セクシーさ、いろんな表情を見せたい。人を楽しませるダンサーを目指したい」と目標に向かって磨きをかけている。

 

 

 

「勢いがあるチーム」 熊本出身・NAYONさん

 

 

 加入4年目のNAYONさん?熊本県出身?は現メンバーの中では一番の先輩だ。今のハニーズを「個性豊かで勢いがあるチーム」と評する。新体操やバレエ、ジャズダンスなどの特技を持つ多彩なメンバーが集結し、全体のスキル水準が向上しているという。

 この4月、ハニーズの衣装はピンクと白のかわいいものから黒を基調としたかっこよくセクシーなユニホームに変わった。今年80周年を迎えるホークスを支えるハニーズも、特別な年に向けて気合は十分だ。

 「このメンバーならどんなダンスにも挑戦できる」と胸を張るNAYONさん。個性的なメンバーの加入で、ハニーズのパフォーマンスに新たな可能性を見ている。

このエントリーをはてなブックマークに追加