任期満了に伴う神埼市長選は8日告示され、現職で4選を目指す松本茂幸氏(67)=本堀=と、元プロレスラーで参院議員を務めた新人の大仁田厚氏(60)=横武=が立候補し、選挙戦に突入した。同日に告示された市議選は定数と同じ20人が届け出、2006年の町村合併で新市になって以降、初の無投票で当選者が決まった。 

 松本氏は、元気で楽しく暮らせるまちづくりや3町の均衡ある発展を公約に掲げ「明るい神埼、市民協働の社会をつくっていきたい」と力を込める。

 大仁田氏は、神埼ブランドの全国発信や教育の充実などを訴え「神埼に新しい風を吹き込んでいきたい」と市政の刷新に強い意欲を見せている。

 期日前投票は9~14日に本庁、千代田支所、脊振支所で、投票は15日に市内16カ所で行われる。選挙人名簿登録者数は2万6607人(男1万2597人、女1万4010人)=7日現在。

このエントリーをはてなブックマークに追加