高校生に手を引かれ、鮮やかな衣装で商店街を練り歩く子どもたち=佐賀市

 佐賀市の中心部で8日、お釈迦しゃか様の誕生を祝う「花まつり」(佐賀市仏教会主催)があった。色鮮やかな衣装をまとった幼稚園児ら約30人が「稚児行列」で元気に行進した。

 行列の先頭には白い像の模型や龍谷高吹奏楽部が歩き、同校保育部の生徒に手を引かれ子どもたちが赤や紫の華やかな衣装をまとい、白山名店街から656広場までを練り歩いた。

 656広場では、釈迦の像を前に「灌仏会かんぶつえ法要」があった。園児たちが献花などを行い、宗像良孝会長など僧侶たちとお釈迦様に感謝の気持ちを示した。

 稚児行列に参加した宮永初くん(5)=佐賀市=は「キラキラした衣装がかっこいい。少し疲れたけど、楽しかった」と笑顔で話した。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加