耕作放棄地対策と新たな名産作りを兼ねて基山町で飼育されている大型鳥「エミュー」が、初めて卵を産んだ。2014年の飼育開始から3年目での“初産”に、関係者は「6次産業化への第一歩だ」と喜んでいる。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加