「i」の部分に米のモチーフが隠された、こだわりの看板=佐賀市大和町

 ○…佐賀市大和町に今年オープンした「akaneiro」。代表の古林茜さん(41)は、バウムクーヘンを中心としたお菓子を、自家米の米粉100%で作るこだわりを見せる。ただ、こだわりはお菓子作りだけにとどまっていないようだ。

 ○…「よ~く見てください」。古林さんに言われ、じっくりと目を凝らしてみたが分からない。「実は店名の『i』の上の部分。お米のマークになってるんですよ」。笑顔で言われ、あらためて注視してみると、確かに米がモチーフにしてあった。

 ○…小城市の実家で栽培した米の米粉を使うだけでなく、看板の細部までこだわる古林さん。「小さい頃からこの米で育ってきた。その米で何かしたいと思っていた」。幼いときから大好きだった自家米で、たくさんの人たちを笑顔にしていく。

このエントリーをはてなブックマークに追加