田植え機で早期コシヒカリの作付けをする生徒ら=白石町の佐賀農業高

 白石町の佐賀農業高で5日、通常のコメより早く植える「早期コシヒカリ」の田植えがあった。農業科学科の生徒らが田植え機を慎重に操作しながら作付けした。7月下旬から8月上旬ごろの収穫を目指している。

 農業実習の一環として同校の実習田25アールで実施した。作物を専攻する2~3年生約10人が参加し、担当教諭から「均等になるように、まっすぐ走ること」などのアドバイスを受けながら田植え機を操作した。生徒らは、慣れない機械に戸惑いながらも、黙々と苗を植えた。

 同校3年の片渕裕貴さん(17)は「田植え機を止めたり曲がったりする操作が難しかったが、慣れると楽しい」と笑顔で話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加