年の瀬を前にみやき町の中原小(平田陽介校長)の4、5年生が11月30日、臼ときねを使った昔ながらの餅つきを体験した。老人クラブ会員らを招き、約300人が参加。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加