8日告示の神埼市の市長選と市議選を前に、立候補予定者に政策アンケートを実施した市民団体が6日、回答結果を発表した。玄海原発3、4号機(東松浦郡玄海町)の再稼働問題などを尋ね、市長選出馬を予定する現職の松本茂幸氏と新人で元プロレスラーの大仁田厚氏の主張を公表した。

 市内で勉強会を開いている「原発ゼロカフェかんざき」などが企画した。「公開質問状」として投げ掛け、市長選の2人と市議選の立候補予定者の7人から回答があった。「賛成」「条件付き賛成」「反対」「どちらでもない」の選択肢を設け、意見も尋ねた。

 原発の再稼働について松本氏は「条件付き賛成」を選び、「国や事業者に絶対安全であることの証明を願う」などとした。大仁田氏は「反対」とし、「原発は未来に必要ない。安全なエネルギーの開発が急務」と回答した。

このエントリーをはてなブックマークに追加