交通ルールを学ぶクリアファイルを贈呈する県トラック協会の馬渡雅敏会長(右)と、受け取る県市町教育会連合会の杉﨑士郎会長=県庁

 運送会社などでつくる県トラック協会(馬渡雅敏会長、523社)は6日、小学生に交通安全を啓発するクリアファイル約9千枚を県市町教育長会連合会に贈った。入学シーズンに合わせた取り組みで今年で37回目。同連合会を通じて県内の新入学児童に配布する。

 クリアファイルは縦約30センチ、横約22センチでカラフルで明るいデザイン。「道路に飛び出さない」「道路で遊ばない」「青信号で渡りましょう」などと、わかりやすいイラストも描かれている。

 県庁であった贈呈式では、馬渡会長が「新入生の事故が減れば、県全体の交通事故の減少につながる」と期待を込めた。杉﨑士郎連合会会長は「厚意に感謝している。交通ルールの理解が不十分な児童の学習につながるはず」と謝辞を述べた。

 ファイルは県内169校の小学校や特別支援学校、7888人の児童に配られる。

このエントリーをはてなブックマークに追加