満開で見ごろを迎えているシャクナゲ=武雄市の高野寺

 佐賀県武雄市北方町の高野寺で、早咲きのシャクナゲが満開になっている。白やピンクの花が境内を彩っている。

 元禄年間の古文書を基に整えられた日本庭園を散策しながら、約20種、千本のシャクナゲを楽しめる。今年は例年より1週間ほど開花が早く、モミジの若葉の緑とのコントラストも一層鮮やか。しだれ桜も競うように美しい。

 佐世保市から来た夫婦は「去年は遅咲きに来たので、今年は早咲きを楽しもうと訪ねた。やはり咲き始めは美しい」と境内を巡っていた。今月中旬からは遅咲きも咲き始める。

 拝観料500円。問い合わせは同寺、電話0954(36)3616。

このエントリーをはてなブックマークに追加