唐津市の80代女性がキャッシュカードを盗まれた事件で、唐津署は4日、盗みの疑いで、福岡市南区、無職の容疑者(21)を逮捕した。

 逮捕容疑は3日午前11時ごろ、氏名不詳の仲間と共謀し、「口座から現金が引き出されている。自宅に警察官を向かわせる」などと女性に電話し、女性宅でカード2枚を別のカードが入った封筒とすり替えて盗んだ疑い。容疑者は「絶対に違う」と否認しているという。

 同署によると、容疑者はカードの受け取り役だった。カード2枚は唐津市内の現金自動預払機(ATM)で使われ、現金150万円が引き出された。伊万里署員が4日、MR伊万里駅にいた容疑者を職務質問した。

このエントリーをはてなブックマークに追加