(左から)山口大雅さん、西山真司さん、井手野樹さん

サッカースクールを卒業した別當映彩さん=鳥栖市のベストアメニティスタジアム

 サッカーのJ1リーグ第5節・サガン鳥栖-名古屋グランパス戦が行われた3月31日、鳥栖市のベストアメニティスタジアムでサガントスサッカースクール・ブリヂストンサッカースクールの卒団式があった。サッカーのみならず、あいさつや協力することの大切さを学んだ生徒たちに話を聞いた。

 ▼井手野樹さん(12)=鳥栖中=

 年長から入った。最初は楽しめなかったこともあったが、徐々に友達もできてサッカーが好きになった。中学でも続けたいと思う。

 ▼西山真司さん(12)=鳥栖中=

 エスコートキッズとして、試合前に選手とハイタッチする瞬間がうれしかった。7年間、楽しかった思い出ばかり。

 ▼山口大雅さん(12)=香楠中=

 いろんな地域で練習をすることが多く、たくさんの友達ができたことがよかった。コーチから教えられた「協調性」をこれからも大切にしたい。

 ▼別當映彩さん(12)=福岡県=

 サッカーが好きでお父さんの勧めもあり小学1年生から通った。恥ずかしがらず積極的に動けるようになった。中学校でも部活でサッカーを続けたい。

このエントリーをはてなブックマークに追加