佐賀県警本部

 佐賀県警サイバー犯罪対策課と武雄署は4日、偽のブランド商品を販売したとする商標法違反の疑いで、武雄市武雄町、無職の容疑者(27)を逮捕した。

 逮捕容疑は、高級ブランド「グッチ」と「ルイ ヴィトン」の商標の使用権限がないにもかかわらず、インターネットオークションで昨年4月下旬と6月上旬、両ブランドの商標を付けた財布2点を計約1万9千円で販売し、商標権を侵害した疑い。

 サイバー犯罪対策課によると、ヴィトンの日本法人が昨年5月下旬、県警に通報した。容疑者はこのオークションサイトで昨年3月下旬から6月下旬までに、約120回にわたる偽ブランド商品の取引で約135万円を売り上げていたとみている。押収したパソコンやスマートフォンを解析し、他サイトでの販売も含め余罪を調べる。

 サイバー犯罪対策課は今月1日に発足し、今回が初めての摘発。

このエントリーをはてなブックマークに追加