「誰が何のために?」。学校法人「森友学園」との国有地取引に関し財務省が、こともあろうに決裁文書を改ざんした問題で、誰もが知りたいのは、そのことである◆一昨日の財務省入省式で、新人代表が「不偏不党で職務遂行を誓う」と、若き官僚にしては古めかしい言葉で宣誓していたが、ぜひそうあってほしい。強すぎる政治と、官界とのあってはならない歪(ゆが)んだ関係が問われているこの問題、真相解明のカギは、やはり当初から言われている「忖度(そんたく)」ではないのか◆忖度とは他の心中をそれとなく推し量ることを言うのだが、「その場の空気」と言い換えるとよく分かる。そうすることがいけない事だと分かっていても、その場の空気がそうさせない。事を決めるのは「その場の空気」なのだ◆作家山本七平さんは自著『空気の研究』で、「忖度=空気」の正体を「絶対権をもった妖怪で、この空気がすべてを制御し統制し、強力な規範となって口を封じてしまう。しかも空気の責任は誰も追及できないし、探究の方法もない」と説いている。つまり「その場の空気」は、どんな理論も理屈も吹き飛ばすほど驚くべき力を持つ魔物と言ってもいい◆うーん、もしかして今回の改ざん、財務省の空気! 一心不乱に改ざんに手を染めていた古き官僚たちの痛ましい姿が見えてくるようである。(賢) 

このエントリーをはてなブックマークに追加