全国市長会は2日、次期会長選に立谷秀清・福島県相馬市長、内野優・神奈川県海老名市長、横尾俊彦・多久市長が立候補したと発表した。

 直近2回は無投票で、選挙戦は2013年に続いて4度目となる。新会長は6月6日の総会で正式に決定する。任期は2年。

 選挙の方法は今後決定するが、前回13年は9支部長、47都道府県の各市長会会長が郵便で投票した。

 市長会によると、全9支部のうち、東北、関東、九州の3支部から3氏の推薦書が提出された。現会長の松浦正人・山口県防府市長は、昨年6月に就任。任期は2年だったが、次期市長選(5月20日告示、27日投開票)に立候補しない意向を示しており、市長会長も退任する。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加