【北京共同】中国有人宇宙プロジェクト弁公室は2日、中国の宇宙実験施設「天宮号」が同日午前8時15分(日本時間同9時15分)ごろ、南太平洋の上空で大気圏に再突入したと発表した。同弁公室は、大部分は燃え尽きるとしている。地表への落下物の有無は不明。

 2日朝の時点では大西洋上空で再突入すると予測していた。同弁公室は、地表に到達する破片があっても、ごく一部だと説明。人口密集地域に落ちる可能性は低く、航空機の飛行などに危害が及ぶ恐れも、ほとんどないとしている。欧州宇宙機関(ESA)も、人に当たる確率は極めて低いとみている。米戦略軍の宇宙担当部門も、ほぼ同じ時刻に南太平洋上空で再突入したことを確認したと発表した。

 天宮1号は全長約10メートルの円筒形で、大型バスほどの大きさ。有人宇宙ステーションの建設に向けた実験などを行うために2011年に打ち上げられた。16年3月に役目を終えて制御不能になったとみられ、徐々に高度を下げ始め、同弁公室は今月2日に大気圏に突入する可能性が高いとの予測を発表していた。

このエントリーをはてなブックマークに追加