桜の薄ピンク色の花に交じって、クスの青葉が生い茂っている=佐賀市の多布施川沿い

桜の幹からクスが枝分かれしている=佐賀市の多布施川沿い

 佐賀市の多布施川沿い、神野公園の北東の出入り口近くに変わった木が立っている。薄ピンク色の花を咲かせた桜の木の一部から、クスの青葉が生い茂っている。

 桜の幹の一部から、枝分かれするようにクスが生えている。近所に住む松本清士さん(69)が、妻と散歩中に見つけたという。

 松本さんは「鳥が食べたクスの実がふんと一緒に幹の間に落ち、それが根付いたのではないかだろう」と推測。「珍しい光景なので、お花見の合間に見てほしい」と話す。

このエントリーをはてなブックマークに追加