民謡を披露する参加者=白石町ふれあい郷自有館ホール

 第25回佐賀の民謡(うた)まつり全国大会(佐賀民謡保存普及会など主催、佐賀新聞社など後援)が1日、白石町の有明ふれあい郷で開かれた。県内外から248人が参加、「佐賀の田植唄」を歌った吉富今日子さん(大分県)がグランプリに輝いた。

 大会は、小学3年以下の「幼年」や70歳以上の「寿年」などの部門を設けて競った。参加者らは「嬉野茶摘み歌」や「佐賀たんす長持唄」などの民謡を歌い、会場を盛り上げた。

 「幼年」と「少年・少女」を除く各部門の優勝者でグランプリの座を争った。NBCラジオ佐賀賞は田代詔慶さん(武雄市)、佐賀新聞社賞は池宗史さん(岡山県)が受賞した。

 審査委員長を務めた石川朝雪さんは「素晴らしい歌を聴かせていただいた。伴奏とうまくバランスが取れていたり、感情が豊かで聴かせる力がある歌も多かった」と講評した。

このエントリーをはてなブックマークに追加