関東学院大は2日、ラグビー部のコーチにOBで元日本代表の立川剛士氏(41)=佐賀工高出身=が1日付で就任したと発表した。

 立川氏は現役時代にFBなどとして活躍。1995年に佐賀工高を卒業し、関東学院大では主将として大学選手権2連覇を達成した。トップリーグの東芝府中時代は数々のタイトルを獲得し、日本代表は21キャップ。2016年の現役引退後は佐賀県の国体成年チームのコーチなどを務めた。

 立川氏は大学を通じ、「変化を恐れることなく、強いラグビー部を築き上げたい」とコメントした。

このエントリーをはてなブックマークに追加