多様なフィルムカメラ。一般的な35ミリのほか中盤やポラロイド(インスタント)もあった(フィルムで撮影)

 「昭和のカケラ」では、フィルムカメラのニコンFM―2を使った。20年以上放置していたのに、全く問題なく動作するのは驚きだった。平成生まれいわく「現像まで写りが分からないのがイイ」「ザラザラして味がある」。昭和オヤジには欠点としか思えない理由でフィルムカメラが静かなブームとなっている。

=おわり

このエントリーをはてなブックマークに追加