任期満了に伴う西松浦郡有田町長選と町議選は3日、告示される。町長選には現職で再選を目指す山口隆敏氏(69)と、ともに新人で町議の松尾佳昭氏(44)、理容業の栗原繁氏(66)が出馬を表明している。定数16の町議選には18人が立候補の準備を進めている。投開票は8日。

 有田焼創業400年を終えた町の今後のまちづくりを問う選挙。山口氏は4年間の実績を掲げ、「公平・公正な、町民が主役の政治」を訴える。松尾氏は「子育て世代」として雇用の場の確保や観光振興などの活性化策を打ち出す。栗原氏は町経費の2~3割カットなど、「徹底した行財政改革」を主張する。

 町議選は現職14人、新人4人が立候補を予定している。党派別は無所属17人、公明1人。

 立候補の届け出は3日午前8時半から午後5時まで町役場で受け付け。期日前投票は4~7日の午前8時半から午後8時まで、町役場町民ロビーと町生涯学習センター視聴覚室で実施する。選挙人名簿登録者数は1万6930人(男7812人、女9118人)=3月1日現在。

このエントリーをはてなブックマークに追加