県職員の退職辞令交付式。山口祥義知事から一人一人辞令が手渡された=佐賀県庁

 佐賀県職員の退職辞令交付式が3月30日、佐賀県庁などであった。知事部局と教育委員会合わせて442人が退職した。

 知事部局の退職者は108人。辞令交付式には勤続20年以上と定年退職の84人が出席した。山口祥義知事は「玄海原発の設置や佐賀空港開港などを経て、明治維新150年の節目に退職を迎えるという、激動の年月だったと思う。フレッシュな気持ちで素晴らしい県を今後も共に築いて」と呼び掛けた。

 退職する産業労働部長の石橋正彦さん(60)は「これまで以上に変化が激しくなる時代。自分が変わることを恐れず、自分で変えることをいとわず、県政の発展に取り組んで」と後輩にエールを送った。

 教育委員会は334人が退職した。

このエントリーをはてなブックマークに追加