小城署は1日、県内の60代女性が、架空請求で現金10万円をだまし取られるニセ電話詐欺が発生したと発表した。

 小城署によると、3月下旬、女性に「消費料金の訴訟取り下げに関するはがき」が届いた。31日に女性が記載された電話番号に電話したところ、弁護士を名乗る男に「訴訟を取り下げるには、コンビニで10万円支払ってください」などと言われた。女性は、コンビニで再び男に電話をかけ、教えられた13桁の番号を店員に伝え、決済代金として10万円を支払った。

このエントリーをはてなブックマークに追加