目録を手渡す青栁直理事長(左から4人目)と受け取る宮崎知幸代表(左から3人目)=佐賀市のTOJIN茶屋

 県労働者福祉協議会(青栁直理事長)は3月30日、佐賀市の佐賀こども食堂(宮崎知幸代表)にチャリティーゴルフ大会で集まった10万円を寄付した。

 佐賀市で開かれた贈呈式で、青栁理事長は「子どもの貧困は深刻化する社会問題の一つ。食材を提供するなどして支援を続けたい」と目録を手渡した。佐賀こども食堂は、毎月19日に子どもたちに食事を無料で提供しており、宮崎代表は「食材集めは大変だが、寄付金を使いながら子どもたちのために努力していきたい」と感謝した。

 同会のチャリティーゴルフ大会は1996年に始まり、今年で20回目を迎えた。これまでに県内の福祉施設などに総額約230万円を寄付した。

このエントリーをはてなブックマークに追加