優勝 石田正彦さん

準優勝 村上武司さん

3位 原口勝さん

4位 小林敬正さん

 第41期佐賀県アマ囲碁最強者戦(佐賀新聞社主催)の初段、二段大会が1日、佐賀市の日本棋院佐賀中央支部で開かれた。決勝戦は石田正彦さん(63)=白石町=が村上武司さん(81)=佐賀市=を中押しで破り、初優勝した。

 六段大会を新設するため、今大会は初段、二段大会を統合。37人が参加した。

 決勝戦は握って村上さんが先番。序盤は黒が厚み、白が地を稼ぐ均衡した立ち上がりとなった。中盤の右下の攻防戦で、村上さんが白の見損じを逃さずリードを広げた。石田さんは挽回しようと果敢に攻め、上辺から中央にかけての大石を仕留めることに成功。そのまま押し切った。

 石田さんは「初戦から厳しい戦いの連続だったが、決勝はうまくいった。気負わなかったのが良かったのだろう」と笑顔を見せた。次の大会に向けて「課題である布石の感覚を磨き上げ、粘り勝ちできるようにしたい」と抱負を語った。

 今大会の上位4人は、6月10日に開催予定の三段大会のパラマス戦に出場する。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加