鳥栖-名古屋 3-2で今季ホーム初勝利し、サポーターの声援に応える鳥栖イレブン=鳥栖市のベストアメニティスタジアム

 鳥栖は2点のビハインドを後半に跳ね返し、逆転勝ちした。

 鳥栖は前半12分、GK権田がPKを止めたが、14分に名古屋FWガブリエルシャビエルのゴールで先制を許した。その後は好機をつくり、41分にFW趙東建(チョ・ドンゴン)が放ったループシュートは惜しくも外れた。

 後半は鳥栖は主導権を握った。29分のFKでMF高橋秀が頭で押し込み反撃の口火を切ると、5分後にはFWイバルボがペナルティエリア内で技ありのゴールを決めて同点。試合終了間際のロスタイムにはイバルボの落としに途中出場のFW田川が右足でネットを揺らした。

このエントリーをはてなブックマークに追加