鳥栖-名古屋 後半32分、鳥栖FWイバルボ(左)が同点ゴールを決める=鳥栖市のベストアメニティスタジアム

 攻撃の要が大暴れした。鳥栖はFWイバルボが1ゴール1アシストの活躍。「厳しい試合だったが、諦める選手は一人もいなかった」と、会心の勝利を振り返った。

 反撃ののろしとなった1点目のFKも、イバルボが相手選手と激しく競り合って得た記録に見えない“アシスト”。同点ゴールは「相手GKとDFの意思疎通がうまくいっていない」と瞬時に判断し、相手DFの裏を鋭く突いて右足のアウトサイドで流し込んだ。

 前半も結果にこそ結びつかなかったが、何度も好機を演出した。「きょうに限らず、チームとしてやりたいことをしっかりやれている」とイバルボ。昨季終盤に輝きを放ったエースが、今季は序盤から抜群の存在感を見せている。

このエントリーをはてなブックマークに追加