鳥栖―名古屋 後半ロスタイム、逆転ゴールを決め、仲間から祝福される鳥栖FW田川亨介選手(左)=鳥栖市のベストアメニティスタジアム(撮影・山田宏一郎)

 サッカー・J1サガン鳥栖はリーグ戦第5節の31日、佐賀県鳥栖市のベストアメニティスタジアムで名古屋グランパスと対戦し、3-2で逆転勝ちした。鳥栖は今季ホーム戦初勝利。通算成績は2勝2分け1敗(勝ち点8)で、順位は9位から6位に浮上した。 

 鳥栖は名古屋に2点を先行されたものの、チーム一丸で反撃。後半29分、MF原川力選手のフリーキックをMF高橋秀人選手が頭で合わせて1点を返すと、直後にはFWビクトル・イバルボ選手のゴールで同点に追い付いた。

 終了間際にはイバルボ選手からパスを受けた途中出場のFW田川亨介選手が鮮やかに逆転ゴールを決めた。

このエントリーをはてなブックマークに追加