ダム湖をぐるりと取り囲む桜=29日、武雄市西川登町の庭木ダム

 ダムの周回道路沿い約2キロにわたって続く桜並木が、湖面をピンク色に縁取っている。早朝、日が差すと鏡のような湖面に桜色と空の青が映え、耳にはウグイスの鳴き声がに心地よい。

 庭木ダムは1995年に完成。途切れなく植えられたソメイヨシノの苗木は順調に育ち、今では県外からも花見客が訪れる有名スポットになった。写真映えするため、カメラマンの姿も多い。散った後も大量の花びらが湖面を彩り、鮮やかな景色を見せてくれることがある。開花時期は周回道路が一方通行となる。

場所 武雄市の県道102号を長崎県波佐見町方面へ北上、西川登小入り口から約2キロ。無料駐車場あり。

見ごろ 既に満開

このエントリーをはてなブックマークに追加