東明館-佐賀学園 8回表東明館無死一、三塁、4番野口厚太の左前適時打で三走寺﨑拓真(左)が生還、4-3と勝ち越す=みどりの森県営球場

 第142回九州地区高校野球佐賀大会第8日は30日、佐賀市のみどりの森県営球場で準々決勝2試合があり、東明館と佐賀商が準決勝に進んだ。東明館の4強入りは1988年の創部以来初めて。

 東明館は佐賀学園を7-4で下した。3-3で迎えた八回、4番野口厚太の適時打などで2点を勝ち越すと、九回にも2点を加えた。

 佐賀商は鳥栖工を6-3で退けた。1点を追う八回、3点を奪って勝ち越し、九回にも1点を追加。投げては2番手の木村颯太が粘り、四回以降は点を与えなかった。

 第9日は31日、同球場で準々決勝の残り2試合がある。

 

 

(みどりの森県営球場)

 ▽準々決勝

東明館200001022-7

002000110-4

佐賀学園

(東)一ノ瀬、川口-野口

(佐)永渕、山下、池田-河端、岡

▽三塁打 寺崎、野口(東)松尾、河端(佐)▽二塁打 寺崎2(東)松尾(佐)

(東)361362252019

   打安点振球犠盗失併残

(佐)33646304105

佐賀商001001031-6

鳥栖工003000000-3

(佐)古賀涼、木村-本嶋、渕上

(鳥)久保田、篠原-緒方

▽三塁打 小栁(佐)緒方(鳥)▽二塁打 高木、藤川(佐)

(佐)351031231207

   打安点振球犠盗失併残

(鳥)30519420606

 

 31日の試合

 

 【みどりの森県営球場】

 ▽準々決勝

唐津商―佐賀北(10時)

塩田工―鳥栖(12時30分)

このエントリーをはてなブックマークに追加