九州新幹線長崎ルートを巡り、JA長崎中央会の山中勝義会長が30日、佐賀市の佐賀県JA会館を訪れ、JA佐賀中央会の金原壽秀会長に整備促進の協力を要請した。山口祥義知事に対し、JAグループ佐賀から全線フル規格での整備を働きかけるよう求めた。

 山中会長は長崎県の幹部を伴って訪問した。会談後、取材に応じた金原会長は「佐賀県で合意形成したのは、あくまでもフリーゲージでの整備。一緒に要請活動はできないと断った」と述べた。ただ、要請があったことは県に伝えるとした。

このエントリーをはてなブックマークに追加