軒先でも青空市があり、掘り出し物を求めて多くの焼き物ファンが訪れる=伊万里市大川内町の鍋島藩窯坂(2017年4月)

 江戸時代に鍋島藩の御用窯が置かれた伊万里市大川内山で4月1~5日、「春の窯元市」が開かれる。各窯元が「春爛漫」をテーマにした新作などを展示し、多くの商品を普段より安く販売する。

 鍋島藩窯の伝統を受け継ぐ30窯元が参加する。イベントに合わせてB級品を格安で売る窯元もあり、掘り出し物を目当てにする人も多い。大川内山の桜は今満開で、「山水画」と形容される風景との共演を楽しむこともできる。

 伊万里・有田焼伝統産業会館では「国際アマチュア陶芸展」の出品作約300点を展示している。問い合わせは伊万里鍋島焼協同組合、電話0955(23)7293。

このエントリーをはてなブックマークに追加