佐賀県労働委員会のPRポスター

 パワハラやセクハラ、解雇など職場トラブルの相談、あっせんに無料で応じている佐賀県労働委員会(前田和馬会長)の愛称とキャッチコピーが決まった。愛称は「TSUNAGU(つなぐ)」、キャッチコピーは「労使のもつれを、ほどいて結ぶ」とした。

 県労委は労働者、使用者、公益委員の三者代表各5人で構成する労使問題解決のための行政機関。トラブルの当事者間で解決が難しい場合に、公正・中立な立場で解決にあたっている県労委の利用促進と、多くの人に知ってもらうため愛称などを制定した。

 マーケティングの総合シンクタンク「宣伝会議」(東京)のコピーライター養成基礎講座の受講生が、県労委の依頼で卒業課題として制作したものの中から委員の合議で選んだ。

 県労委の電話は0952(25)7242。

このエントリーをはてなブックマークに追加