高さ13メートルの大木にかれんな花びらを満開にした明星桜=伊万里市東山代

 山里を上って行くと、満開の巨木が姿を現す。地元では樹齢900年以上とも言い伝えられ、地域のシンボルとして雄々しくそびえ立つ。

 伊万里市東山代の「明星桜」が薄紅色の花を開かせ、見ごろを迎えた。明星桜は高さ13メートル、根回り5メートルのエドヒガン。近年、樹勢が弱まり花付きが悪かったが、地元の人の協力で回復処置が施され、良好に向かっている。夜間はライトアップされ、昼とは違った表情を見せる。時間は午後6時半ごろから午後8時半ごろまで。

 「明星」の由来は、夜桜の際にたき火の明かりで花が輝き、夜空に光る星々のように見えたことから名付けられた。

 ▽場所 伊万里市から鉄道松浦西九州線沿いに唐津街道を約20分。

 ▽見ごろ すでに満開

 

このエントリーをはてなブックマークに追加