ズグロカモメは冬鳥として、有明海でたくさん見られるカモメの仲間です。カニやゴカイが大好きで、干潟の上をひらひらと飛びながら、獲物を見つけると急降下して捕まえます。

 ズグロカモメは冬の間頭が白いのですが、春になると突然真っ黒になります。冬の間白かった頭が春になると、真っ黒になります。同じ鳥とは思えない変身ぶりです。

 実はズグロカモメは漢字で書くと「頭黒カモメ」。なるほどそういうことかと分かるのは、春になってから。ズグロカモメの頭が黒くなると、そろそろ南からシギ・チドリの仲間が有明海にやってくる時期です。

(日本野鳥の会佐賀県支部事務局長)

このエントリーをはてなブックマークに追加