警察官採用前に高校生女子にみだらな行為をしたとして、佐賀県警巡査の森永雄太容疑者(26)が福岡県警に逮捕された事件で、小倉区検は2日、県青少年健全育成条例違反(淫行)の罪で略式起訴し、小倉簡裁が30万円の略式命令を出した。森永容疑者は釈放され、同日付で辞職した。

 起訴状によると、森永容疑者は5月、北九州市の自宅で、18歳未満と知りながら女子生徒にみだらな行為をした。佐賀県警は釈放後に話を聞き、本人が辞職の意思を示したという。

 佐賀県警監察課によると、森永容疑者は犯行後の今年10月1日付で採用され、佐賀市の警察学校で研修中だった。監察課は「採用前の行為であるため、懲戒処分の対象にはならない」としている。勤務期間が短いため、規定により退職金は支払われない。

このエントリーをはてなブックマークに追加