諫早湾干拓事業の開門問題を巡り、斎藤農相(右)に漁協や佐賀県の思いを伝える山口祥義知事=東京・霞が関の農林水産省

 国営諫早湾干拓事業を巡る訴訟の和解協議に関し、佐賀県の山口祥義知事は28日、農林水産省で斎藤健農相と会談、開門しない前提の協議を容認するとともに有明海再生事業の継続などを求める県有明海漁協の方針や、それを支持する県の姿勢を伝えた。特に漁協の要望事項について「ぜひ政治的に大きな方向性を出してほしい」と迫った。

 山口知事は笑顔で斎藤農相と握手し、「開門調査が必要だという思いは持ち続けるが、漁協は本当に苦渋の思いで有明海再生に向けて和解協議を進めてほしいと表明した。そこにある漁協の要望はぜひ実現していただきたい」と強く求めた。斎藤農相は「漁協の決断が苦渋のものだったのは痛いほど分かる。重く受け止め、知事と協力しながら和解で解決していきたい」と答えた。

 会談後、山口知事は「農相は(漁協の要望を)『よく考える』と言われた。前向きな対応を期待したい」とし、「和解を目指すのは国も県も漁協も一致している。それに向けて努力していきたい」と強調した。

 福岡高裁の和解協議で開門しない前提で100億円の基金による解決を目指す勧告が示されたのを受け、漁協は基金と一緒に漁場改善に向けた要望を実現するよう求める見解を示した。堤防内側の調整池の排水が一度に大量排水されることを問題視し、排水ポンプの増設や排水のルール化を要望している。

このエントリーをはてなブックマークに追加